マルチコプター空撮請負 スカイフィルム                     マルチコプターによる躍動感の有るダイナミックな空撮を請け負っています

SKY FILM
株式会社 埼玉ホーム:空撮事業部




日本国内で最初にドローン空撮を導入の老舗
(日本国内テレビ放送にて最初にドローン空撮請負)

金額表記は全て税別となっております

県市町村観光案内用ドローン空撮請負

1年を通して四季折々の見どころを撮影します
撮った映像は最短当日アップロード可能なので開花状況等タイムレスでご覧いただけます
※WiFi環境が有ればその場で編集可能となります
撮影地1か所当たり30秒~180秒での作品となります(撮影+編集+音楽挿入+アップロード全て込み)
※撮影終了日より3日以内にアップロード(引渡)致します
※他業者よりの依頼は受けません
料金・・・・・30,000円
1か所追加に付10,000円(1か所目撮影地から片道道路距離10キロ以内ごとに3,000円追加となります)
当日アップロード追加料金20,000円
出張費として埼玉県蓮田駅より道路距離片道50キロ迄は無料
50キロを超える埼玉県内・東京・神奈川・千葉・茨城・山梨・栃木・群馬は15,000円
福島・山形・宮城・新潟・長野・静岡は30,000円
岩手・秋田・青森・富山・岐阜・愛知・福井・滋賀・三重・京都・奈良・大阪・兵庫・和歌山は60,000円
北海道・鳥取・岡山・広島・島根・山口・香川・徳島・高知・愛媛は80,000円
福岡・大分・佐賀・熊本・宮崎・長崎・鹿児島・沖縄は100,000円
※沖縄を除く一部離島は別料金となります


愛犬との散歩 空撮致します

愛犬との思い出として一緒に散歩している所をドローンにて空撮致します
(使用機体はDJI Phantom4 PROなので前後左右衝突回避装置付なので安全です)

1フライト15分以内の撮影とし編集後約3分となります
音楽挿入後Youtubeにアップロードしての納品となります
撮影編集料金 30,000円
※飛行禁止エリア以外で周囲に建物等が無い場所を選定して頂きます
※出張費 埼玉県蓮田駅より道路距離で片道30キロ以内は無料
 以降30キロ以内追加ごとに5,500円(遠隔地の場合には別途お見積りとなります)

ウインドサーフィン 空撮致します

セイル面積5.2㎡~12㎡での撮影となります
私自身ウインドサーフィンをやっていたので撮って欲しいアングルは熟知しています
1フライト5分以内の撮影となります
スタートしてターンして2往復以内となります
撮影料金 30,000円
※スピードボードの場合は30,000円の追加となります
※仲間と一緒に最低3人以上の撮影からの請負いとなります
※関係の無い方々が相当居る場所では撮影出来ません
※セイル面積が5.2㎡未満の場合の追加料金
  5.1㎡~4.5㎡・・・10,000円
  4.4㎡~3.9㎡・・・15,000円
  3.8㎡~3.3㎡・・・20,000円
  3.2㎡~2.7㎡・・・30,000円
※飛行禁止エリア以外で周囲に建物等が無い場所を選定して頂きます
※出張費 埼玉県蓮田駅より道路距離で片道30キロ以内は無料
 利根大堰は無料
 渡良瀬遊水地・湘南地方は撮影出来ません
 本栖湖・西湖は11,000円
 三浦は16,000円
 御前崎は35,000円 

ドローン空撮請負致します(生放送対応)

手持ちカメラ業者のサービスでのありきたりな空撮とは違い、相当難しい見せる撮影が可能となります

ストック機体
DJI ファントム4・DJI ファントム4アドバンス・DJI ファントム4PRO Plus・DJI MAVIC PRO・フルスペックドローンレーサー3機
各機種バッテリー3本以上

条件
機体準備金50,000円~
1フライト10分以内30,000円~
※レーサーでの撮影の場合は1フライト2分以内となります
別途出張費
市町村観光案内直接利用の場合にはフライト本数1日最大5シーンで機体準備金の金額のみで請負い可能です
クレジット表記必須



フライトトレーニング致します

DJI製のドローンを購入したけれど教えてくれる人が居ない!方やこれから業務として請負っていきたいけど飛ばしては駄目な場所や電波障害発生場所や整備調整技術が無い方でご自身でDJI製の機体等をお持ちの方に
フライトトレーニング1日5時間(各自満充電予備バッテリーを用意ください)
使い終わったバッテリーは現地で充電可能です
バッテリー消費して空いた時間でフライト以外の講習(基礎・応用)を行いますので時間を有効に使う事が可能です

1日5時間のトレーニング受講費・・・35,000円(1人)
※同時に2人の場合には2人目は21,000円追加となります
9時~15時トレーニング(内1時間休憩)
(1フライト5分×1バッテリー4フライト×バッテリー5本=20フライト程度となります)

※場所はこちら蓮田のラジコン飛行場にて行います
(飛行場周辺は電波障害が無い事を確認済みなので安心して練習出来ます)
※依頼者側で場所を用意頂ける場合には出張費を追加して頂ければ対応致します
※飛ばし方の基本・様々な機能を使っての撮影方法を指導致します
※どこでも一人で自信を持って飛ばせる様になるには個人差が有りますが4回程度の受講が一般的です

不動産仲介業者用広告掲載俯瞰写真撮影
(売主業者の場合には6倍となります・個人の場合には10倍となります)
規制外200グラム以内の空撮専用機等にて俯瞰写真を撮影致します
1物件上空より俯瞰写真1枚撮影
1棟 5,000円

※他社と差別化を図る為1物件1社のみの請負となります
※最低3物件以上の撮影と致します(売主業者の場合には1物件より可能です)
※隣接他物件の映り込みはぼかし処理後データーはメール添付となります
※撮影料金は撮影日前にお振込み頂きます
(天候によりますが基本着金確認後1週間以内の引渡しとなります)
※撮影日は基本晴天ですが日程的に短い場合は曇天の場合も有ります
(晴天時限定の場合には納期は2週間程度となります)
※周辺の状況により撮影出来ない場合には返金致します
※電線等の映り込みの可能性があります
※出張費・・・蓮田駅より全物件合計道路距離5km以内無料、以降5km以内追加ごとに2,000円

オプション
電線写り込み除去
1本に付 1,000円
物件内部動画撮影(プロ用の機材にて手ブレの無い撮影が可能です)
1棟 5,000円
サンプル映像はコチラをクリック
撮影・編集・音楽挿入(イージーリスニング)・Youtubeへアップロード迄行います
リンクアドレスをお知らせ致しますので自社HP等よりリンク設定して頂くだけとなります


許可権者に連絡が可能な所は極力許可を取得して撮影しています。許可を取得できなかった所は敷地内に無断で立ち入らずに撮影を徹底しています。無許可で敷地内に入ると犯罪となりますので気を付けましょう。

フライヤーとしての請負い致します

DJIファントム3/ファントム4/ファントム4PRO/MAVIC PRO/インスパイア等
オペレーターとして請け負う事が可能です

基本料金60,000円
4フライト迄料金に含まれます(1フライト5分以内と致します)
4フライトを超える1フライト追加ごとに15,000円
例:5フライトの場合
基本料金60,000+1×15,000円=75,000円+出張費となります

※3時間以内の拘束時間と致します
※機体等一式バッテリーは充電した状態で全てお持ちいただきます
※テレビ番組で利用の際にはクレジット表記必須となります
※現地にて機体を確認し壊れている場合にはフライトせず返金も致しません
※万が一墜落の際にはコチラでは一切責任を負いません
※用意された機体が壊れている場合にはこちらの機体(ファントム3か4)を使っての撮影が可能ですが
 機体準備金として基本料金に追加30,000円となりますので
 ご自身で機体等を用意される場合には予備機も用意して戴ければと思います

360度パノラマ撮影&編集(静止画)

平成18年2月より継続して請負中です
不動産サイト等での90度程度のほとんど見れないパノラマでは有りません360度です
超高解像度だとコスト的に高い!ので他物件の撮影が出来ないと思っている方へのサービスです

月額利用料・・・・・10,000円(12か月以上12か月単位の契約となります)
1物件(5シーン以内)・・・・2,000円

■■■ 廃墟廃鉱山系貴重映像使用料について ■■■

こちらで撮影したマルチコプターによる廃墟系の映像を番組等にて使用したい方は、基本料金3万円プラス1番組1シーン10秒以内につき2万円(税別)以降1秒ごとに3千円にて全く編集していないマスターの利用が可能です。お問合せください。
LinkIcon廃墟廃鉱山系サンプル映像
※番組にて使用の場合には必ず映像内或はエンドロールにクレジット表記となります
※映像より静止画切出し使用の場合には1ショットに付2万円(税別)となります
※使用の際には物件管理者に依頼者側で確認の上のご利用となります


マルチコプターを楽しまれる方へ!
ルールを守って下さい!
●ラジコン保険への加入
●市街化区域では飛ばさない
●公園では飛ばさない
●人が見えたら必ず着陸する
●車等の往来がある所では飛ばさない
●人や建造物の上は飛ばさない
●操縦者の後ろに同行者は立たせる
●初心者は必ず上級者の指導を受ける
●空き地等で勝手に練習しない
●周辺100m以内に民家等建造物が有る所では練習しない
●非合法な物は使わない
●撮りたい被写体がある場合には、事前に撮影許可を取得してから撮影する
●業務で行う場合には業務用傷害保険に加入する
●誰もが考えて飛ばさない方が良いと思われる場所では飛ばさない

技術的な項目
●バッテリーアラームを使用する事
●バッテリー残量30%以上にする事
●膨らんだバッテリーは使わない事
●バッテリーは並列2本で使用する事
並列の際のコネクターは配電盤に直接2個のコネクターを取付けバッテリーより各コネクターに挿して使用する事
●モーター内に砂や土が入って引っ掛かりがある場合には交換する事
●プロペラが接触等した場合には必ず交換する事
●操縦位置から機体までは10m以上離れる事
●RTF購入の際各半田部分をチェックする事
●コネクター・コードは1ランク上の容量の物を使用する事
●配電基盤は必ず総アンプ容量以上の物を使用する事
一般的な100Aタイプを30A×4=120Aにて使用している方は注意が必要です